もしもサクラに騙されたら・・・

出会い系サイト(一時期は犯罪が多発し、危ないものだというイメージが広がりました)に実名登録するのは抵抗がある人が多く、本名を出している人はあまりいませんね。でも下の名前をニックネームとして使ってしまう人が多いみたいです。

サイトを利用するうちに何度もやりとりを重ねて、だんだん親しくなってつい本名を教えてしまう事もあるでしょう。
しかし、こういうことを安易に判断してしまうと、トラブル発生原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になることがあります。

特にフェイスブックをやっている場合は、フェイスブックは設定によってだれでも見られるようになっています。特定され、意図した以上の情報を知られてしまうことがあります。

出会い系サイト(一時期は犯罪が多発し、危ないものだというイメージが広がりました)を利用する際の注意点としては、一部のサイトは、利用者がより多くのお金をサイトに落とすように、いわゆる「サクラ」を紛れ込ませているサイトもあるということです。
もしもサクラに騙されたとしたら、多くのお金と労力をかけて距離を縮めようとしても、そもそも実在しないので会うことなどできません。
結果的にサイト側が潤うだけで、あなた自身はお金と時間を無駄にしたことになります。
理想の相手にちゃんと出会うためにも、どのサイトが優良か・悪質かの情報をネットから集め、吟味を重ねたうえで、登録するサイトを決めるのがよいでしょう。登録者数の多い大手の出会い系であれば、小さなサイトよりも信頼性が高いと言えます。
ですが、その分利用者層が幅広いということになり、大手サイトの利用者の中には出会いを求める以外の目的で登録している人も多いのです。

例としては、個人情報集めの悪徳業者や金銭目当ての詐欺師なども混ざっているのです。

出会い系サイト(一時期は犯罪が多発し、危ないものだというイメージが広がりました)で恋人を捜す場合、こうした相手に警戒しながら、時間をかけて慎重に捜すのをおススメします。出会えた相手が理想的な人であっても、安易に相手を信用しないでちょーだい。
出会い系サイト(一時期は犯罪が多発し、危ないものだというイメージが広がりました)にとうろくしても、思った結果が出ないという男性の声はよく耳にしますが、それは女性の数が男性にくらべてあまりに少ないという事実も関係しているでしょうから、男性からのメール連絡は返信が来る事自体が珍しいですし、女性の方から連絡をくれる確率はどれほどありましょうか。
当然、すべての男性が沿うだとは限りません。医者、弁護士、社長などの女性がわざわざ検索する肩書だった場合、連絡は次々とくることでしょう。ただメールのやりとりがしたいだけであれば嘘のプロフィールを書くこともできますが、仲良くなるにつれて話がかみ合わなくなり、困ったことに巻き込まれかねません。

恋のスタートを期待してテニススクールへ入会したのですが、伴にプレイする相手が既婚者しかいない、そんな状態では、お金の無駄遣いで終わってしまいます。

恋の対象年齢にぴったり合った相手を見つけるなら、人が集まっている出会い系サイト(一時期は犯罪が多発し、危ないものだというイメージが広がりました)を使用する作戦がいいでしょう。

伴にテニスを楽しめる相手を見つけることで、二人でテニスコートを貸し切るそんな人から羨まれる時間が待っています。

すぐヤレる出会い系サイトは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です